スタッフブログ

「林業女子会主催の木管五重奏演奏会」に行ってきました。

 

 先週末「林業女子会主催の木管五重奏演奏会」に出かけました。
 林業女子会@静岡は、女子が、静岡林業を、産業として応援する任意団体で農業や水産業といった食に関しては女子も興味があるが、衣食住の「住の元」である林業に関してはあまり関心がないのでそこを掘り下げて応援しようと、昨年6月に設立された任意団体で全国にも同じ団体があります。
 今回はその木材を建物の材木ではなく、楽器の材料という観点から今回は「木管五重奏」の演奏会を開催したので参加させて頂きました。

DVC00740.jpg

 会場は袋井駅近くの「どまんなかセンター」、駅を降りて見えた案内看板に知っている文字が・・・建築の仲間の設計事務所、そうだ~袋井といえば「倉布人」さん。
 
 
 
 
 
DVC00741-2.jpg
 
 
 
 
 
 
 っということでちょっと回り道をして此処を通過~倉布人♂さんは今日建築士会で水戸へ見学研修に出かけています。<br clear=all> 今回の会場、「袋井市どまんなかセンター」は、大正期に米穀店として木造で建てられ、戦後から「中村洋裁学院」という学校として利用されていました。その後月見の里の別館として市民活動の場として利用されていました。今は一般利用できる場所として利用されていますが、その管理をされているのが倉布人♀さんです。しかも市民の場として利用する前は同じ建築仲間「さんさい工房」の元事務所だったのでした。繋がる繋がる~

DVC00743.jpg

 
 
 
 
 
 
木管の五重奏の生音とその木管の木材に関しての説明を詳しく聞かせて頂きました。木管五重奏の5つの楽器とは・・・フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットとホルン。フルートは元々木製ですが、ホルンは管楽器、個性の強い4つの木管楽器の中に入り調和を取る役???でしょうか。
 
 演奏の後は鍋を囲んで林業に対しての話で盛り上がりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.marumi-factory.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/167

コメントする